アジアントラスト株式会社のブログでタグ「GOOGLEBOT」が付けられているもの

近年のSEO対策

|
もしかするとスパムページ扱いされていなくても検索エンジンロボットにアルゴリズムの変動でページ自体が嫌われてしまっている可能性もあります。いったいGOOGLEなどは何を望んでいるのか?


役に立たないコンテンツはいりません。つまり相互リンクだけのページであったり、自作自演のリンクであったり、広告だらけのアフェリエイトのサイトであったり、意味のない自動生成ページであったり、少し前までSEO対策としてされてきたものの多くが今は逆に評価を落とす要素の一つとなってしまっているようです。


検索エンジンを使う人にとって、有益なサイトを求めているのは当たり前のことです。オリジナル性が高く、更新頻度も高く、情報が正確で豊富なサイト。ですから小手先だけのSEO対策は近年の検索エンジンロボットには通用しないものとなってきています。