プログラマーの現状と今後のことについて、相談を受けることも多くなってきました。将来性を不安視されている方も多いみたいです。プログラマー35年限界説や、AIによっての失業説などがありますが、私自身は、この仕事はなくならないと思います。

プログラマーは人手不足で、常に需要があります。
思い通りに動かないAIを手なづけられるエンジニアになりましょう。
これからAI時代になることによって、よりそういう人が有利になると考えています。これからの未来は、人工知能との共存を考える必要もあるかもしれませんね。

JavaScriptの世界的な人気

|
webサイトの制作で、切っても切れない関係にあるのがJavaScriptでしょう。ウェブ検索やコンピュータに携わるうえでとても役に立っています。近年では、さらにJavaScriptが進化してウェブページを構成するうえで不可欠なものになってきています。


JavaScriptとは、ユーザの使っているデバイス上で、即時にタスクを処理することができます。通常の場合のように、Webサイトとサーバーで情報の送受信をするときに必要な時差はかかりません。強力なツールであることは間違いありません。


JavaScriptの技術を応用した数々のテクノロジーも必見です。世界中のデベロッパーの間で最も人気のあるプログラミング言語の1つですし、今後さらに発展していくことは間違いないでしょう。
2017年は仮想通貨元年とも呼ばれている通り、ブロックチェーンの技術やスマートコントラクトが注目を集めています。アジアントラストでもブロックチェーンの技術を応用するためmijinなどでブロックチェーンの技術を応用しています。


ブロックチェーンと聞くと仮想通貨のことだけかと思われがちですが、他の分野での応用が利くため、この先様々な場面での利用が期待されています。


フレームワークをベースとし、開発することによって大幅なコスト削減を実現します。

ウェブ制作会社の働き方の取り組み

|
人それぞれライフスタイルは違ってくると思います。
そんな日常で柔軟な働き方ができることもウェブ制作会社に勤める利点でもあります。

通常勤務で思いっきり仕事をして業績成果に応じて大きく昇給するのも一つです。時短勤務で家庭の事情に合わせてより充実したプライベートを満喫するのもいいでしょう。また在宅勤務で遠方に住んでいる方、深夜帯でしか動きが取れない方なども働けたりします。

実力次第で個人のわがままも通るのがウェブ制作会社で働くメリットでもありますね。

g788.jpg

イメージを共有

|
ウェブサイトの制作において、
どんなに綿密な打ち合わせを重ね、クライアントの持っているイメージにちかいものを制作しようとしても出来上がってからクライアントのイメージと遠いことも多々あるかもしれません。


ただそういったすれ違いを極限まで少なくするために、制作の前に弊社においては、ヒヤリング事項を決めています。サイトを作る目的などが曖昧のままでよいものは生み出すことはできないので、ここで妥協することはしません。


そしてデザイン、ライティング、システム担当でイメージを共有するのも大事だと思います。
公開後のサポートに関しても重点を置き、もっともクライアント側で管理運用しやすくサポートしています。